<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ケロ子のお小遣い生活の一日 | main | 家で一人、仕事をする その >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
家で一人、仕事をする
先週もらったCADのお仕事。
ある集合住宅の電気設備の図面でした。
雛形(見本)があり、雛形が20戸タイプの集合住宅、それが40戸に変更になったので、雛形を基に製図をしてという、仕事内容でした。

電気容量とか配線サイズ等は詳しくないですが、
「この位の広さの部屋には40W2灯用照明器具が2個、スイッチはドアの横、コンセントはTVの横に必要だからこの辺り」程度の考え方で、図面を書いていきます。

ただ、今回の仕事は単純に戸数が増えたわけでなく、共同浴室が新規にできたり等、考える部分が多かったでした。
「電気基本知識をきちんと理解しているわけで無い私」が、勝手に書いた図面なので、「一度チェックお願いします」と、メールで送信しました。

メールで送信したのが、土曜日。
それから連絡が無いのですが。

こういう時家で仕事をしていると、不安ですよね。
連絡が無いということは、

,△猟度の図面でOKで、残りは相手先が手直ししている場合。
∨擦靴、図面チェックが後回しされている場合。
なんだこの図面は、全然使い物にならないゾ、と気を悪くした場合。
この3つの状況が想像されます。
実際には、,両豺腓ほとんどです。
でも、待っている身としては常にの状況を想像しているのですしょんぼり

会社で仕事をしていると、相手の反応が伝わってきます。
ですから
「このやり方でいいんだ」、とか「この人はもっと高いレベルを要求している」とか、判断できるのですが・・・・。

私の書く設計図面は、「ある程度のたたき台」であればOK、そう思っています。
(この「ある程度のたた台」ってのがミソですが)

常に完成品を求めていたら、仕事が進んでいかないのです。
CADってコンピューター・エイディド・デザインの略だそうです。
(語学力のレベルが低くてごめんなさい)
デザイン=設計または設計者、を助ける役目でいいのです。

本来は、設計者が自分自身で操作するものなのでしょうけど、そうした場合設計者の仕事量が多くなってしまい、結果CADオペレーターが必要となります。
設計者が考えていることを、オペレーターは理解する、設計者の肉体作業負担を減らしてあげる。
それがCADオペレーターの仕事だと思っています。

まずたたき台の図面をみながら、「やっぱりここはこうしよう」とか、図面を実際目で見ながら打ち合わせを進めたり、内容を詰めたりという作業に続いていくのでしょう。

私のこの考え方で大丈夫だと思っているのですけど・・・。



* 09:23 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 09:23 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://kerokodukai.jugem.jp/trackback/23
 トラックバック